ハマっ子のために

ヨドバシカメラの横浜店は、
ハマっ子のためにつくられたっぽいね。

なんちゅーか、おしゃれ。

カフェまであるんだよ〜

しかも、クーポン券を
プリントアウトしてもっていけば、
お得なのだ。

新生活&歓送迎会
キャンペーン中だから
ヨドバシカメラ横浜店に急げ〜!

ヨドバシカメラ、札幌

ヨドバシカメラ札幌の近くにお住まいのあなた!

ラッキーですね。

バーゲンがやたらありますよね。

今日も5時からタイムバーゲンがあったみたいで
羨ましい限りです・・・

しかも、平日の5時っていうのが
すごい企画!

みんな会社抜けてきてたりして。

ヨドバシカメラマルチメディア札幌
っていうのが正式名称なんだね〜

ブルガリの腕時計とかも売ってるんだ〜

なんでもありなんだね。
しかも安いし。

イチオシとか、タイムセールとか
わたしたちに嬉しい情報満載♪

ヨドバシカメラ札幌に急げ〜!

博多っ子必見

ヨドバシカメラの博多店はすごい!

何がすごいって、
ショッピングはもちろん、
グルメ、リラクゼーション、アミューズメントまで
盛りだくさん。

欲しいものが全て手に入るという
キャッチコピーもあながちウソじゃないっす。

すごいなぁ〜

カップルできてもおもしろいし、
ファミリーもあり。

もちろんひとりでじっくりショッピングもいいし、
リラクゼーションするならひとりよね。

博多のヨドバシカメラに
ピントをあわせて
行きたいなぁ〜

梅田

ヨドバシカメラの梅田といえば、
老舗中の老舗だから
あって当たり前、
みたいになってる?

梅田は大阪の繁華街だから
毎日人の出入りも激しいでしょうね

私は梅田にはいったことがないのですが、
大阪大好きですっ

なんちゅーか、ノリが良い。

大阪人とぜひぜひ友達になりたい
私なのであります。

ヨドバシカメラの梅田は、
電化製品の最安値をそろえているから
家電を買いたい人はぜひチェック。

店頭に行くのがいいと思うの。

店員さんとの駆け引きも楽しいし、
大阪は梅田なら
「まけてやぁ〜」
「勉強してやぁ〜」
が飛び交ってそう。

おおさかのおばちゃん強いからねぇ〜


Fate/hollow ataraxiaヨドバシカメラ特典テレカ【TYPE-MOON】
残り2枚らしいですよ〜!

やっぱ秋葉原でしょ

ヨドバシカメラの秋葉原は
なんかとってもつよ〜い感じがするのは
わたしだけ?

ヨドバシカメラakibaとして、
ごっついのが建ったもんねぇ

わたしはまだ一度も秋葉原にいったことが
ないのですが、
主人はなんとメイドさんがガイドをしてくれる
というツアーに行ってきました。

メイドさんが可愛くて、知的で
かなりはまったらしく、
私もちょっとメイドさんになりたくなりました。
(あれ?)

でも、ほしのあきも30歳でグラビアアイドル
頑張るっていってるし、
30代のメイドさんもありだと思うのだけど。

なし?

秋葉原のヨドバシカメラは
かなり綺麗だし、
カメラはもちろんパソコンも充実してます。

安いのも魅力だよね〜

秋葉原のヨドバシカメラに
レッツゴー!!!





掲載店舗数160以上。
7エリアに分けてショップを紹介「ショップガイド」。
電脳マニアにも対応「PC&パーツショップリスト」。
「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」を総力特集。
メイドさんやコスプレイヤー、ネットアイドルのコラムも掲載。


目次

アキバ入門
(秋葉原の歴史/秋葉原へのアクセス/秋葉原のランドマーク/秋葉原の歩き方)

アキバショップガイド
(秋葉原ラジオ会館/JR秋葉原駅の電気街口付近/神田明神通り南側/中央通り東側 ほか)


ヨドバシカメラとは

ヨドバシカメラってとっても有名ですよね。

でも、地方に住む私は一度も行ったことがありません。

ヨドバシカメラって、確かマイケルこなかったっけ?
なんか貸切にして・・・みたいな。
違ったっけ?

まぁなんにしても、
この人気の秘密を探るべく、
まずはヨドバシカメラとは、
というところからいってみたいと思います。


ヨドバシカメラをwikiで調べてみました。

1960年に、
カメラ等の精密機器で有名な
長野県諏訪郡の富士見町出身の
藤沢昭和(ふじさわ・てるかず)が創業。

創業当初は、
その名の通りカメラや写真用品が主力でしたが、
時代の流れにより、
デジタルカメラ・家電・パソコンと変わってきました。

家電量販店で2003年度売上高は
ヤマダ電機に次ぐ第2位(現在はエディオンに2位の座を譲り3位)。
売上・利益ともに増加している。

当初の出店形態(新宿・上野・横浜)は、
交通至便なターミナル前の
一等地の比較的小規模なビルにおいて、
エントランスを開放し、
フロア全体に多数の商品を同時に陳列し、
大量廉価販売する手法を採っており、
その効果を最大限に発揮するため
テレビCMにおいて耳に残りやすい
簡単な替え歌を放映して認知度を高めた。


当時のカメラは1台数十万円もする高級品が多く、
多少の電車賃・時間をかけたとしても、
市価より数万円も安ければ十分メリットがあり、
加えて商品の比較検討ができる優位性が消費者に浸透した。


その後、家電・AV等も扱うようになったが、
1990年代よりパソコン・インターネットの
普及に伴い扱い品目が大幅に増えたため、
同時多数陳列販売という
基本形態を維持しながら
店舗面積を当初より大幅に増床した形態(マルチメディア館)の
出店に移行する。


最近の店舗の設置では、
「駅前立地」を深度化し、
駅ビルや鉄道高架下店舗、
デパートビルに直接出店するケース、
大ターミナルでは再開発用地を買収し、
自ら大規模なビルを建設するケースが目立つ。

三越を退けて旧大阪鉄道管理局跡地を落札し、
「梅田の人の流れを変えた」
とまで言われたマルチメディア梅田(ヨドバシ梅田)、
秋葉原電気街に大きな影響を及ぼした
マルチメディアAkiba(ヨドバシAkiba)、
それまで商業施設の集積がほぼ皆無だった
新幹線口(筑紫口)に着目し、
再開発で巨艦店を出店できた
マルチメディア博多(ヨドバシ博多)などが代表的な例である。


ヤマダ電機やコジマなどが、
主に都市郊外の幹線道路沿いの出店(ロードサイド出店)により
店舗数を増加させているのに対し、
大都市の中心部の駅前に出店するケースが多いことから、
その出店戦略が「レールサイド戦略」と呼ばれることもある。

(他にビックカメラも同様の形態を得意とする)これは、
車、電車、バスとアクセス手段を確保する事で
老若男女 誰でも来店できるように、との考えによるもの。

店舗数はロードサイド出店型に比べて少ないものの、
会社帰りのサラリーマンや学生等で平日の集客も多く、
売り場面積に対する集客数、
ひいては経常利益で比べれば非常に効率の良い経営を行っている。


人気の秘密:ヨドバシカメラの歌

テレビCM・館内放送においては、
「リパブリック讃歌」
(The Battle Hymn of the Republic、通称「友だち讃歌」)の、
各地仕様にアレンジされた替え歌を用いている。

この替え歌をヨドバシカメラの歌という。

新宿西口本店用に、
山手線と中央線をフィーチャーした替え歌は、
社長自らの作詞である。

当初、男性のコーラス部隊がマーチ風のBGMにのせて歌っていたが、
1985年より女性歌手POPLAR1名によるロック系の歌となった。

その後客から
「歌詞が未だにやまてせんになっている」と指摘されたため、
1991年頃より女性アニソン歌手MIQ1名での
インストゥルメンタル系やまのてせんバージョンを作り直し
同時に英語版も作成された。

2001年頃より旧来のマーチ風を思わせる
アップテンポ系の曲でこどもの合唱隊が歌うバージョンが作成されるが、
インストゥルメンタル系の歌も同時に使用されている。

ヨドバシAkibaバージョンも
MIQに依頼する予定であったが、
スケジュールの都合が付かず
他の女性歌手が吹き込んだ仮歌が現在も使用されている。

2006年8月26日に自身が来館し
「おたまじゃくしと権兵衛さんのすべて」
発売記念イベントにて生歌を披露した


以上

ヨドバシカメラの人気の秘密がわかってきました。

頭がいいんだね。

人の流れをちゃんと読んでるんだね。

すばらしい。

アキバのヨドバシカメラにいってみたい!